連載中漫画7選

連載中漫画7選

まだ間に合う!

連載中漫画7選

連載中の漫画を読みたいと思っているけど、「何が面白い漫画なのか分からない…それに、あんまり巻数が出ているものは…」と考えている方もいるのではないでしょうか。 今回はそんな方のために、筆者が読んでいる漫画の中から「まだそれほど巻数が出ていない、連載中の面白い漫画」をピックアップして紹介します!※こちらの記事は2018年11月現在の情報をもとに書かれています

 

オリエント

既刊2巻 講談社出版  作者は大高忍さん。

『すもももももも』や『マギ』の大高忍さんの最新作で、2018年10月17日に2巻が発売されたばかりです。『マギ』のようなバトルファンタジーもの(戦国の要素もある)です。

モンスターの「鬼」と退治する「武士」のお話。この世界では「鬼」が崇められ、「武士」が蔑まれています。そこで、「武士」である主人公が立ち上がる!って感じの始まりです。ぱっと見た感じはほとんど『マギ』です(笑)。ただ戦国らしい「和」の雰囲気が、魔法など西洋の感じからは少し違いますが。

雰囲気も『マギ』に近く、まだ序盤ですが『マギ』のような壮大なストーリーの展開を予感させます。『マギ』を読んだ方ならスッと入れる作品ですね!もちろん読んだことない方もこの漫画をキッカケに大高ワールドに足を踏み入れましょう。

GIGANT

既刊1巻 小学館出版
『GANTZ』や『いぬやしき』の奥浩哉さんの最新作。

得意のSFものです。映画監督を目指す高校生の主人公・横山田零と、AV女優・パピコのお話。パピコは腕にある謎の機械で巨大化できるようになり…。少しネタバレになりますが、巻の最後には、お願いを投票で決めてそれが実現するサイト「ETE」が登場したところで終わります。

まだまだ謎だらけでかなり続きが気になる。奥浩哉さんの描く漫画はどれもすごく引き込まれますね。まだ1巻しか出てないので、すぐ買って読んでみてください!

マチネとソワレ

既刊4巻 小学館出版
作者は以下の記事でも紹介した『魔王』『ヴァニラフィクション』の大須賀めぐみさん。

関連エントリー
10巻以内に完結する面白い漫画9選

すでに完結した漫画を読みたいと思ってるけど、何が面白い漫画なのか分からない…という方。 「でも、あんまり長い作品は読むのは疲れるし、買うにもお金がかかる…」と考えている方もいるのではないでしょうか。 今回はそんな方の為に、筆者が読んだ漫画の中から「10巻以内でスッキリ完結するオススメ漫画」をピックアップして紹介します!

「マチネ」と「ソワレ」とは、フランス語で、それぞれ「朝、午前」「夕方」という意味があります。「昼公演」と「夜公演」を指す演劇用語でもあります。そのタイトルの通り、芝居や演技、演劇がテーマの漫画です。

駆け出し舞台俳優である主人公・三ツ谷誠は、周りからは2号と呼ばれるなど、数年前に死亡した名俳優の兄と比べられます。いくら努力しても、「自分」を見てくれないことに苦しむのですが、そこで最大の舞台を任されるチャンスを掴みます。しかし、謎の現象が起き…!

なぜか死んだ兄が生きており、その舞台の主役に。世間では自分が死んだことに!!相変わらず過激な描写はありますが、テンポも良く、超展開に引き込まれます。

ダンジョン飯

既刊6巻 KADOKAWA出版 作者は九井涼子さん。

ファンタジーとグルメが融合した作品です。タイトルの通り、RPGのような世界が舞台で、ダンジョンを探検しながらスライムやゴーレムなどファンタジーの世界では定番のモンスターを料理して食う、という漫画です。

ストーリーとしては、主人公ライオスの妹がダンジョン最深部でドラゴンに食われ、その妹を助けるためにダンジョンに潜る、という始まり。ただ、本当のグルメ漫画のようにレシピが載っていたり、「こうすれば美味しい」「塩はお好みで」など、料理に対する考察があったり、変にリアリティがあって面白い。

ダンジョンらしく探索やバトル、魔法といった要素もあります。4人のパーティを組んでいるのですが、それぞれ個性があって、そこがまた良いですね。ド派手な展開があるわけではないのですが、今までにない漫画です。色々賞なども獲っています。

※以下の記事でさらに詳しくご紹介しています。

関連エントリー
腹が減っては戦はできぬ『ダンジョン飯』

年10回刊(1月と9月以外の毎月15日頃発売)の漫画雑誌『ハルタ』にて現在連載中の、本作が初の長編連載となる九井諒子先生による「ダンジョン飯」。古典的なファンタジー作品に登場する様々な魔物を、現実に存在する調理方法によって料理しながらダンジョンを攻略していくという、アドベンチャーとグルメを織り交ぜた新感覚のグルメ・ファンタジー漫画です。魔物と通常の食材と調味料を駆使し(調味料は時には魔物から作る)、あの手この手でおいしく料理しながらストーリーが展開されていく本作の魅力を、クックパッドばりにご紹介しちゃいますので、この記事をお読みのそこの奥さん、今夜のおかずの参考になるかもよ!(なりません冗談です)

関連エントリー
ダンジョンも食事も冒険だ!『ダンジョン飯』

皆様は「ダンジョン飯」と聞いて、どんなジャンルの漫画を想像しますか? タイトルだけだと分かりにくい、でもイラストが付けばこんな話なのかなといくつか想像出来ますよね? しかし九井諒子先生初の長期連載作品「ダンジョン飯」は、想像の斜め上をいきます。 それでいて魔法やモンスターといったファンタジーの王道をいく作品なのです。 普通の漫画に飽きてきた方や、読んだ事の無いジャンルに出会いたい方におすすめの作品です。 ではどうしてタイトルが「ダンジョン飯」なのか、なぜ各話タイトルが料理名や魔物の名前なのか、数々の疑問をこの作品の魅力と共に語っていきます。

BEASTARS ビースターズ

既刊10巻 秋田書店出版 作者は板垣巴留さん。

「マンガ大賞2018」大賞も受賞した、個人的にかなり推したい作品。一巻だけでも読んでみてほしい。特に、内容の薄いバトル漫画やくだらないデスゲーム系漫画に飽きた!という方には是非おすすめします。

擬人化された動物たちが描かれている漫画です。帯いわく「動物版青春ヒューマンドラマ」。ハイイロオオカミで心優しい性格の高校生・レゴシが主人公。動物といえど決してほのぼのした漫画ではなく、肉食動物と草食動物の対立や種族を超えた恋愛や友情、主人公の葛藤など、まさに「ヒューマンドラマ」な漫画です。

BIRDMEN バードメン

既刊13巻 小学館出版
作者は『結界師』の田辺イエロウさん。

『結界師』は昔(今20代前半の方が小学生の時ぐらい)アニメもやっていて、「好きだった!」という方も多いのではないでしょうか。『結界師』と同じく週刊少年サンデーで連載中なのですが、何故か月1連載なので新刊が出るペースがかなりゆっくりです。なので今からでも全然遅くありません!

ストーリーとしては、退屈な日々をおくる中学生の烏丸英司が主人公。ある日交通事故に巻き込まれ、翼の生えた「鳥男」に助けられるも、その後体から翼が生えるようになり、烏丸自身も「鳥男」に…という始まり。

巨大機関EDENの存在など、ジャンルとしてはSFでしょうか。鳥男には個々に特殊能力があったりと、ザ・少年漫画な要素もあります。

BUNGO ブンゴ

既刊15巻 集英社出版 作者は二宮裕次さん。

直球ど真ん中の超王道な野球漫画。一度やるととことん追求する性格の主人公が小さい頃にグローブを買ってもらい、それ以降1人でずっと壁当てをやっていて、中学生になったのを機にシニアに入り…という始まり。某サッカーアニメ的な超能力を使うような漫画でもありません。

人によっては、ベタとかありがちと捉えるかもしれませんが、結局スポーツ漫画はこれが正解なのでは?と思うような作品です。なのでヤングジャンプで連載中なのですが、ジャンプでやればもっと人気になったのではないでしょうか。特に今のジャンプはマトモなスポーツ漫画が少ないですし(ハイキュー、相撲ぐらいでしょうか)、野球漫画は特に枯渇してますから。

王道でもベタでも、きちんと作られていれば面白い!と再確認させられる漫画です。