“ガロ系”に関するまとめ

ガロ系とは

かつて青林堂が刊行していた漫画誌「ガロ」掲載の漫画作品、作家、作風を指す表現。アングラ、アナーキー、実験的、前衛的、猟奇的、耽美、電波系、病的なまでの個性といった、およそひとつの枠には収まらないオルタナティヴ・コミックを表している。日本のマイナー文化、サブカルチャーを支えた牙城であった「ガロ」は、青林堂創業者の長井勝一の死去を引金に、紆余曲折を経て休刊となり、事実上の後継誌といえる「アックス」に引き継がれている。内田春菊、蛭子能収、川崎ゆきお、久住昌之、近藤ようこ、しりあがり寿、杉浦日向子、つげ義春、ねこぢる、根本敬、花輪和一、ひさうちみちお、古屋兎丸、丸尾末広、やまだ紫、山野一といった面々が、「原稿料ゼロ」で執筆していた。商業主義とは相容れないこのような作風が「ガロ系」と言える。

このキーワードに関連する「記事」はありません。