SITES REVIEWS

ワールドトリガーの口コミ

avatar

男性/21~25歳/そのほか

2019/6/7 更新

4.2

【三雲修の魅力、弱さ・成長・性格】
ワールドトリガーの主人公である三雲修は、弱いことが特徴的な魅力の1つです。漫画の主人公は大まかに分けて、最初から強いか覚醒するなどして途中から強くなるかという特徴がありますが、修の場合は最初から弱く現実的な成長スピードです。戦闘員としては適性が無いと判断された過去があるばかりか、最初の登場時にはC級隊員と呼ばれる訓練生です。そんな修ですが、幼馴染のある目的に力を貸す形でチームを結成しチームリーダーとなります。ここで修は、周囲と比べ劣っている自分はどうすればよいのか悩み、様々な行動に出るのですが、修個人の実力はそれほど変わっていません。例えば今まで以上の威力で攻撃できるようになったとか、新しい力に目覚めたとか、窮地を跳ね返してチームを大逆転勝利に導いたとか、そのような個人レベルでの劇的な変化が一切無いのです。単体で弱い修は、常に頭を使って戦術を組み立てていきます。もちろん、敵も味方も掌の上で転がせるような大戦術家ではありませんので負ける時は負けますが、気が付くと修の取った戦術が効いてくるという展開になります。こうした、通常ではありえないような覚醒や成長が起こらない弱いキャラクターである点と、単体では弱くとも頭脳によって全体を動かしていく点は修の大きな魅力です。さて、もう一つの魅力ですが、それは修の性格です。修は正義感が強く、やれることは全てやる人間であると同時に、自分の弱さについて客観的に認識しています。然しその反面、弱いままである自分に対し焦り悩む性格でもあります。敵勢力の襲来とその戦闘に際し、仲間や民間人を守るためたとえ力が及ばなくても逃げずに立ち向かっていく精神性はまさに主人公としてふさわしいものであり、弱さを自覚しながらも今の自分にできることをやり続けています。しかしながら、実力の高い戦闘員やチームを見るほど個人レベルでの強みと取り柄が無い自分自身に対する焦りや悩みが強まっていきます。新しい戦術を考え付いても、自分自身の力が上がっているわけではない。そこを常に考えながら、ある意味でなりふり構わず自分にできることをするところは大きな魅力です。

SITES EVALUATION

ワールドトリガーの評価

キャラクター 6
ストーリー 6
世界観 6
ヒロイン 6
絵柄 5

ワールドトリガーの詳細を見る

SITES SUB INFO

ワールドトリガーの情報

本社住所
URL