SITES REVIEWS

ワンピースの口コミ

avatar

男性/50歳以上/そのほか

2019/6/21 更新

4.2

ワンピースは日本が誇る世界的人気漫画である。

2019年3月ごろには、発行部数がなんと4億5000万部が発行されている。

世界に愛される漫画がということが、この数字が物語っているわけだが、何故この漫画が人気なのかを考えていきたい。

まず一つ目にキャラクターが豊富で、魅力的である点が考えられる。

例えば、主人公の麦わらのルフィは夢にまっすぐで突き進み、悪いことに対してははっきりと悪いと言える勇気を持ち合わせている。

読者は、この姿に一緒に冒険している気持ちにもなるし、道徳的にも自然と物事の善し悪しも学べていると私は感じる。

ワンピースは、海賊王になるために冒険していく中で、敵と対峙することが多い。

周りの敵も海賊王の座を狙っている猛者ばかり達だ。

倒すべき対象が明確だからこそ、ストーリーの目的も明確である。

ストーリーには、アラバスタ編、空島編というように冒険の区切りがある。

この区切りとして敵を倒して物語が終わるからこそ、ストーリーは読後感が良い。

この読後感の良さを後押しするのは、ちゃんとした理由がある。

理由として、悪魔の実を使った必殺技を使って、ストーリーの最後は強敵キャラたちを倒して大宴会をして終わり笑顔で締めくくるから、大変気持ちがいい。

例えば、ルフィのギアセカンド、エースの火拳がある。悪魔の実次第で必殺技も変わり、大迫力なので読者はキャラクターが使う技などに興味がありわくわくさせられる。

成長する麦わらの一味がこれから、どのように人間として成長するのか、どのぐらい強くなるのか、どんな技を覚えるのか楽しい妄想が広がる。

この妄想を遥かに超える尾田栄一郎さんの描く大迫力の絵で、敵を倒すため読み手は気持ちがスッキリとして気持ちいのだ。

だからワンピースはちゃんと読み応えがある。

そして次の敵キャラを新たに登場させることで、物語が新たに進展していく。

まさにワンピースは「バトル」で展開させて、しっかり「バトル」で話を締めくくるからこそ、このシンプルなストーリー構成に誰でも素直に面白いと思えるのである。

SITES EVALUATION

ワンピースの評価

キャラクター 6
ストーリー 6
世界観 6
ヒロイン 6
絵柄 6

ワンピースの詳細を見る

SITES SUB INFO

ワンピースの情報

本社住所
URL